緊急のお知らせ

お知らせはありません。
 

公立高校ガイドブック

下記のをリンクをクリックすると,

宮城県教育委員会高校教育課の

ページに移動します。
 (閲覧にはPDFソフトが必要です。)

 公立高校ガイドブック

 
訪問者数355702
2015.09.11〜
オンラインユーザー10人
活動報告

2018/05/01

【起業実践】起業家講話を行いました。

| by:サイト担当者
平成30年5月1日(火),3学年起業家講話を行いました。
6学科各教室に6名の講師をお招きし,座談会のような雰囲気で講話をしていただきました。講師の方々の経験から得た熱い思いを生徒に伝えていただき,生徒も真剣に話を聞いていました。
 
 【 起業家講話講師 】

13:54 | 起業実践
特色ある教育活動 -学科間連携-

総合産業高校だからこそできる! 目指せ!産業スペシャリスト!

 登米総合産業高校は,農業科,機械科,電気科,情報技術科,商業科,福祉科の6学科を設置している県内初の総合産業高校です。学校設定教科・科目,放課後ゼミでの「学科間連携」とインターンシップ,実践指導,企業見学など地域にご協力いただく「地域連携」を特色としています。


起業プロジェクト

 「起業プロジェクト」とは,学校設定教科の名前です。学校設定教科とは
登米総合産業高校オリジナルの教科になります。

■1年生では,学校設定科目「産業基礎」をすべての学科の生徒が学びます。
 その内容は,
  (1)所属する学科以外の基本的な専門科目を各6時間学習します。
   例えば,農業科の生徒であれば農業科以外の機械科・電気科・情報技術科・商業科・福祉科の授業を
   年間6時間ずつ受けます。
  (2)地域の方々からの講話を聴きます。5月に産業全般についての講話を聴いて,6~7月には工業・福祉,
   農業・商業分野の講話を学年全体で聴きます。
  (3)地元企業を見学します。夏休みに在籍する学科に関する事業所と他の学科に関する事業所を組み合わせて,
   学科ごとに見学します。

■2年生では,各学科が2~3科目を学校設定科目として設定し,生徒は自分の所属する学科以外の専門科目を選択して学ぶ「総合選択システム」や2,3年生では班を編成して,地域課題について研究する「起業実践」も学校設定科目として設置しています。